« 鶴見俊輔の「もし」 | トップページ | 熱狂があった »

2021年6月 7日 (月)

このごろのこと


聞きたくないことば。
「安全・安心」
どうでもいいこと。
「人類が新型コロナに打ち勝った証」
いらないもの。
「希望と勇気」
みんな不要。


ぶちはますます歩きません。
家の前から歩きだすのにあまりに時間がかかりすぎるので、少しさきの辻まで抱いてゆき、そこでおろしてやります。
体重が12キロあるのでそこそこ重い。よっこらよっこら歩いていると、近所のおばあさんに笑われます。


部屋のなかは暑いのだけれども、ときどき入ってくる風はひんやりとしています。
もう梅雨か。まだすこし先か。
夏が来れば、からまった五つの輪が、東京にころがってくるそうな。もつれて、這うようにしてやってくるそうな。妖怪かな。
権益と欲望の変異種だそうな。

 

|

« 鶴見俊輔の「もし」 | トップページ | 熱狂があった »

コメント

力なく爆笑。まったくもって仰せの通りなんですもん。冷笑からは何も生まれないし、そんな笑いかたは不自然で不愉快なんですけど。でももう、怒るのにくたびれちゃいました、正直なところ。

投稿: くま太 | 2021年6月 8日 (火) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鶴見俊輔の「もし」 | トップページ | 熱狂があった »