« 桂川潤さんのこと | トップページ | このごろのこと »

2021年7月25日 (日)

幽霊船の出港

東京オリンピックを招致した主役たち(マリオこと安倍晋三首相、竹田恒和JOC会長、猪瀬直樹東京都知事、森喜朗大会組織員会会長の4氏。いずれも肩書きは元)がそれぞれの事情で、開催を待たずに散り散りに表舞台を去っていきました。
で、開催イベントの顔だった音楽担当の小山田圭吾氏、舞台監督の小林賢太郎氏が、あろうことか大会直前に姿を消すことになった。ついでに文化プログラム出演者の絵本作家、のぶみ氏も。すっかり忘れていたけれど、選考の末、大々的に発表されたエンブレムと国立競技場の設計の白紙撤回という、見苦しいできごともありましたっけ。
一方で、経費は予定額を踏み倒して膨らみつづけました。おそらく、次代にツケを回すことになる。どうみても組織や事業が統治されている状態にはありません。
これだけ問題が重なれば、ふつうならば事業は継続できない。航海ならば、とうに船は沈むか難破しているはずです。
それでも、東京オリンピックは航路を変更することなく、予定通りに出港しました。まるで幽霊船です(不死鳥とはいいいません)。

立ちどまって考えたいのは、得体のしれないこの幽霊船がどこからやってきたのか、いつから幽霊船になってしまったのか、です。
アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれたIOC総会で、東京への承知が決定したのは2013年9月のことです。
東日本大震災が、その2年半前に起きていました。震災の翌年、総選挙で大勝した第二次安倍政権が発足しています。

震災が起きたとき、すでに機能不全だった民主党政権が立ち往生していた難題がたくさんありました。年金制度、長引くデフレ、格差と貧困、不安定雇用の定着、自然を搾取するだけの大型公共工事の乱発、情報公開、総務省による電波メディアへの許認可制度と記者クラブ制度など。戦後続いた、暮らしや情報のあり方に対する「当たり前」が深刻な制度疲労をおこしていました。
生活不安を一掃すると期待された民主党の改革(正確には制度設計の入り口までは、とても行き着かなかったのだけど)は、しかし、なんら果実をもたらさない。そこに登場したのが、安倍さんです。安倍さんは、勢いよく「成長」をぶちあげました。身もふたもない言い方をすれば、景気さえよくなりゃ日本はもとの経済大国にもどるでしょ、です。

実現の手段が「アベノミクス」です。
経団連の中核をなす大企業が潤うことが、まず優先されました。アベノミクスは、円安を誘導し、株価を引き上げました。そのうちトリクルダウンがはじまるという筋書きでした。実生活と切り離された景気回復の数字が踊り、メディアは「成長」を連日伝えました(のっかったともいう)。安倍神輿の目玉としてやってきたのが、オリンピックの招致活動でした。
安倍さんは、彼を支持した一部国民だけのために、彼らが見たがっていたものを、じつにわかりやすく見せてあげたのです。すなわち、「つよい日本」の象徴である「東京オリンピック」がそれでした。

つまり、東京オリンピックというのは、アベノミクス的な虚構そのものであり、「見たいものだけ見る」という日本人の願望が、いびつに肥大化したものです。アベノミクスは、すでに蔓延しつつあった「見たいものだけ」の風潮をより明らかにし、「分断」を鮮明にしました。

東京オリンピックの開催が、コロナという不測の事態によって苦境に立たされたというのはまぎれもない事実ですが、大会役員のポストを去った方々がはからずも露呈させてしまった「見たくないもの」(人権意識や差別の問題)は、そもそもが、はじめからそこにあったのです。コロナがもたらした不運などではありません。まぎれもなくその船は、出港したときからすでに幽霊船だったのです。

 

|

« 桂川潤さんのこと | トップページ | このごろのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桂川潤さんのこと | トップページ | このごろのこと »