« このごろのこと | トップページ | このごろのこと »

2021年7月 5日 (月)

このごろのこと


よく降ります。激しく降ります。
梅雨前線が列島にかかるころの「長雨」という言葉は、あまりに極端なこの天候をあらわすのには、とても足りない気がします。
熱海の湾を見下ろす山の手の住宅街を、まさに怒濤のごとく滑り落ちた土石流の映像には、ただ唖然としました。


いまや地球規模の異常気象を認めない人は、まずいないでしょう。
でも、その危機が自分ごとであるかどうかは、別の問題なのかもしれません。地下資源をひたすら掘り起こし、地中にあった二酸化炭素を大気中に放出しまくる経済活動に、歯止めがかかる気配はありません。新手のウィルスの出現と拡散も、自然と人間の接近がもたらした一つの現象で、人の目に見えないところで、さまざまな異変はからまりつながっている。


根拠を証明せよ
との反論は、必ずあります。
もっともです。
ただね、現実にそんな時間的な余裕があるのでしょうか。
考えられる可能性を一つだけつぶすにしても、一世代で間に合わないのは明らかです。複雑にからみあった環境の破綻を食い止めるには、とても至らない。次の世代が、いまのわたしたちが想像もしなかった脅威に直面する可能性は大きいと、言わざるをえない。
かの土石流だって、一世代前の住民は想像だにできなかったはずなのです。人の想像力は、その深刻さにもうすでに追いついてはいないのです。

オリンピック会場に観客をいれるかどうかの話が大詰めです。感染拡大の根拠があるとかないとか。そんなの、どうだっていいよ…… 想像してごらんって。

|

« このごろのこと | トップページ | このごろのこと »

茶飯ごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« このごろのこと | トップページ | このごろのこと »