« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月

2021年8月22日 (日)

人間らしさ

書きかけのテキストが、PCのなかにありました。ひょっとしたら、以前に書きかけのまま公開していたかもしれません。余白については、年がら年中考えているので、書きかけのものが散らばっていて、自分でもいつごろなにを考えて書きだしたのか分からなくなっています。重複カ所があったらご容赦くださいませ。


工場の発明は、効率化の時代の幕開けでした。安価な労働力を一ヶ所に集約し、工場の能力を最大限に引きだす。そのためには、工場の稼働時間をなにより最優先させる必要がありました。
休まずに工場を動かすために、労働力は数値化され管理されました。すなわち、人の価値が生産性をあらわす数に置き換わった。労働者は服をはぎとられて、人間らしさを失うことを余儀なくされました。飯を喰うために。


資本主義は、成長します。
宿命的に大きくならざるを得ません。投資した資金を回収し、利益を上げつづけるのですから。成長するために、どん欲に資源を喰います。
自然、水、鉱物資源、そして人間を。
そのうちに、人間の周りに空気のように存在した空間や時間を食い尽くす。
余白を失うことによって、人は人間らしさを喪失します。
はて、人間らしさとはなにか
必ずこの問いにつきあたる。
つまるところ、人間らしさについて考えることを飛び越して、資本主義を考えることはできない。


人間らしさを考えるーー
人間らしさと切り離せないのが、「余白」です。
余白があればこそ、人は逡巡し、たちどまり、ふりかえる。暮らしのなかの余白が、人間をつくってきました。
アテナイのソクラテスの学びは、ともかく議論(問答)することでした。そこでは「議論」の生産性など、だれも問いませんでした。議論のためにはるばる旅をし、議論のために論客をむかえる。時間をつかい、言葉を尽くすことは、人間性への問いとなった。こうしてソクラテスは、「よりよく生きること」を考える倫理学の扉を開きました。


ギリシャ文明のあとに起こったローマ帝国の競技場跡に、住み着いた孤児が「モモ」(『モモ』 ミヒャエル・エンデ)。持たざるモモが、たったひとつ持っていたのが「他人の話に耳を傾ける力」。ところがあるとき、身よりのない彼女の世話を焼いたり、雑談にやってきていた街の人々の足が、ぱたりと途絶える。みな「灰色の男」に余分な時間を預けてしまい、ぶらぶらしていられなくなったのです。預けた時間は、利殖する。つまり「金利」が、人々の過密な労働のモチベーションだった。朽ちることない貨幣の自己増殖力が、街にあった時間を一変させてしまうのです。


余白を売って働くことは、いまや当たり前になりました。労働力への対価は下落し、よもや「金利」などつきはしないのに。金利もないのに、わたしたちはどうして余白を、売ってしまうのか。
売らないと、暮らしていかれなくなったからです。選択肢などない。つまり、現代の資本主義は、労働者たる市民が「人間性」を持たない前提に成り立っているといえます。

 

| | コメント (0)

2021年8月15日 (日)

ウルトラ・ナショナリズム

どうしてこんな国になってしまったのか
考えない日はない。
8月15日は「終戦」の日ではありません。天皇の玉音放送がラジオ電波で流れた日です。強いて命名するなら、玉音の日。「ぎょくおん」なる特殊な言葉のとおり、じつに内向きな記念日です。
太平洋戦争の降伏文書の調印式が連合国と交わされたのは、1945年9月2日です。この日が、世界が認める(つまり外向きの)大日本帝国の本当の敗戦の日であり、もっと正確に言えば「降伏」の日なのです。

本日、またスガ政権の閣僚数名、安倍晋三前首相が靖国神社に参拝をなさった。
靖国とはなにかーー
降伏から76年がたっても、たったこれだけのことさえ、ケリをつけることができない、日本人のあわれな姿を彼らは身をもって国内外に示してくれました。

問題の核心は、A級戦犯合祀の可否とか、死者への「哀悼の意」のなにが悪いのかとか、中韓の反発とかではないのです。靖国をどう理解しているか。それだけです。つまり、歴史への態度。
日清・日露戦争後の1911年に、論考「日本独特の国家主義」(『中央公論』)において、すでに河上肇が
「日本人の神は国家なり。而して天皇はこの神たる国体を代表し給う所の者にて、いわば抽象的なる国家神を具体的にしたる者がわが国の天皇なり」
と、明確に述べています。国体の概念をもっとも完結に述べた文章とも言えます。ウルトラ・ナショナリズムが社会を覆う満州事変の20年前も前のこと。
そして、靖国をこう位置づけます。
「既に国家主義は日本人の宗教たり。故に看よ、この国家主義に殉じたる者は死後皆な神として祀らるることを。靖国はその一なり」
すなわち、「日本独特の国家主義」を成立させている一装置というわけです。

戦後、政府の「靖国参拝問題に関する懇話会」の委員をつとめた江藤淳は、そんなふうには考えませんでした。論考「生者の視線と死者の視線」では、外国人には理解されえない「日本の国柄そのもの」だという言い方をしました。ようするに、靖国の存在は、国家主義などとかかわりのないものだと。
「日本人は生者のことだけを考えていい民族ではないのですね。生者が生者として生き生きと生活するためには、死者のことを常に考えていなければいけない」
それが、たまたま靖国という形になったというわけです。
わたしは、うなずけません。江藤の主張は断じてちがう、といわざるをえない。そうであるならば、なぜ空襲に焼かれた自国の市民を祀らないのか。なぜ、侵略した国々で奪った無数の命を祀らないのか。祀れないのか。なぜ、英霊は兵士(軍属ふくむ)なのか。
むずかしい話ではありません。靖国は、植民地主義をむき出しにした大日本帝国の精神そのもの、戦争遂行のための政治システムにほかならないからです。国民を兵士として消耗し続けるためには、死後は英霊になるという「担保」が必須だったのです。

説明を尽くしても、おそらく理解できないでしょう、安倍さんも小泉元総理のご子息も、日本会議のメンバーであるおおくの代議士たちも。それが超国家主義(ウルトラ・ナショナリズム)というものです。

| | コメント (0)

2021年8月14日 (土)

このごろのこと


詩集を3冊買いました。
いずれも現代詩、同時代人のものです。でも、買った詩人については、どんな履歴の人か、どんな詩をつくる人か知りません。
そもそも、これまでほとんど同時代人の詩を読まずにきました。


きっかけやら必然が生じたわけではなく、ふと、思ったのです。
同時代に生きている人は、詩という形をつかって、どんな言葉で、どんなことを歌っているのだろうか。どのようにして、時代に言葉を刻みつけているのだろうかと。


なんの知識もなかったので、twitterで、ある詩人(詩の世界では知られているらしいという以外に、この方についても知らないのだけど)が勧めていた2冊、それとタイムラインで書籍の映像が流れてきた1冊(表紙とタイトルの感じがよかった)を、「e-hon」のサイトから注文しました。


詩集は値が張る、は書籍の世界の常識です。たいして部数を刷らないので、どうしても一冊に乗るコストは上がってしまう。
ハードカバーの『ニューヨーク・ディグ・ダグ』(長田典子 思潮社)は税抜きで3,600円でした。『貨幣について』(さとう三千魚 書肆山田)は税抜きで2,400円。この金で、読みたい本が何冊買えただろ、などと考えてはいけない。と、自分に言いました。
ちなみに、薄く簡素なつくりの『地面』(大崎清夏 アナグマ社)は1,000円でした。そういえば、自分の詩集だって1,500円はします。人さまに勧めるには、少々高価です。


昨日からずっと雨でしたので、買ったままだった三冊の詩集を開きました。一篇読んだら、別の本をめくりといった無節操な読み方です。
足もとから、ぶちのいびきが響いてきます。きょうは、なん度一階に抱きかかえて降ろしても、じきにのぼってきてしまう。

 

| | コメント (0)

2021年8月11日 (水)

レモン色のスニーカー

ソールが壊れてしまったスエードのスニーカー(ニューバランス)を、修理に出すために昨日、高円寺の駅に降りました。靴箱のなかでもう3年ちかく眠っていたものです。あかるいレモン色です。

9年前に逝った友人の形見分けでもらった一足。「処分するのももったいないから、もらってくれない?」とその方のパートナーに言われたときは、やむなく首を横に振ったのでした。イエローは友人がとても好きだった色ですが、ちょっとわたしには難しい。
しばらくして、届いた小包みのなかに、なぜかこれがありました。
弱ったな
と思ったものの、いつしかよく履くようになりました。

さがす小さな修理工房は住宅地のなかにありました。
見積もってもらった修理費は1万4千円弱。毎朝走るわたしのジョギングシューズならば新品を2足買ってお釣りがきます。
納品には2カ月ほどかかるとのことでした。ずっと懸案だった「しごと」がやっと片づいたような晴れやかな気分。

故人がこれを履いて待ち合わせの街角に立っていた姿を久しぶりに思いだしました。右手をちょっとあげて
「よっ、こまやん」と言うのでした。
盆です。

| | コメント (0)

2021年8月 9日 (月)

このごろのこと


五輪の熱狂の後ろ姿がまだ見える今朝、思い浮かんだことばは「敗戦」。
あっそうか、あれは敗戦の狂気か。
植民地主義を正当化するために掲げた「五族共和」と、人類がコロナを打ち負かすのだという五輪。いずれも空疎。ナンバー「5」の重なりは、ただの偶然か。


知人からのメールで、8月9日だと気づきました。
朝からの生暖かい強風は、長崎からの爆風にちがいない。
11時2分、アメリカ軍が市街地に投下した原爆は、人々の暮らしを吹き飛ばし、7万4000人の命を高熱で溶かしたのです。
あのときもこの列島は、ある種の熱狂に侵されていたのでした。


家を一歩も出ずに、領収書、机周りの整頓と、執筆のための年表づくりをしていたら、もう日暮れです。
植民地台湾とは、大日本帝国にとってなんであったのかーー
こたえがない。
セミが鳴いています。今日中に読み切ってしまおうと思っていた資料は、まったく手つかずでした。
しかも片づけたつもりの机のうえは、まだ渾沌としています。
「敗戦」
銭湯に行くか夕方まで迷ったのですが、もろもろのリスクを考えやめました。
大きな浴槽で、のんびり汗を流したい。

| | コメント (0)

2021年8月 8日 (日)

東京一極へ

台風10号が太平洋を北東に進んでいる。
朝から雨。ぶちと朝8時まで朝寝坊しました。散歩もなし。
すごく蒸し暑く、汗がふきだしてくる。
こういう日は、なにもしないのがいい。

 

東京オリンピックが終わります。
賛否を分けた「開催とりやめ」は、政府、東京都に一蹴され、「いま」がなにごともなく、晴れやかに眼前にある。しかも、メディアの大々的な報道により、いやがうえにも競技は盛り上がったようで、「やってよかった」の合唱が、これから大きくなると思われます。
くわえて、電波メディアはオリンピアンの「英雄」を次々とバラエティーやトーク番組に招集するはずです。オリンピックは「物語」と「笑い」に変換され、二度消費される。閉会してなお、日本的エンタメになってしばらくメディアに居座る見通し。
結果として、否定的な論調は跡形もなく漂白されるそうな予感です。
気づけば、眼前に総選挙の扉が開いているーー

いまある事態を肯定する。そんな圧倒的多数が、マイノリティーをさらに圧迫していく転機が、ふりかえれば2021年の夏であった。そんなふうに時代が移っていくかもしれないな、と思っています。

見えにくくなっていますが、このオリンピックによって、より強固になったことのひとつに東京の一極化があるのを、覚えておきたい。これから、「東京」という一極があるゆるジャンルにあらわれ、価値を支配する。
こんな推測がみごとにはずれてくれればいい、と思うばかりです。

きょうの夕飯をどうしようか考えています。カマスの干物を焼くか、レモンのスパゲッティーにするか。

| | コメント (0)

2021年8月 1日 (日)

このごろのこと


危険な暑さ也。
なんとなく疲れている。なんとなく啄木を読む。いろいろなことがどうでもよくなってきているとき、啄木の歌は、波紋のようにひろがり、瞬く間に消えます。こんなのがありました。

何がなしに
頭のなかに崖ありて
日毎(ひごと)に土のくづるるごとし


オリンピックがはじまるやいなや、テレビ各局、新聞は、いっせいにスポーツ専門報道に転換しました。「アスリート物語」が、紙面にあふれだす。予想したとおりで、ぜんぜん驚きはしません。
「勝った、勝った!」の金メダル速報は、まるであのラジオ放送を髣髴とさせます。

臨時ニュースを申し上げます。臨時ニュースを申し上げます。大本営陸海軍部、12月8日午前6時発表。帝国陸海軍は、本8日未明、西太平洋においてアメリカ、イギリス軍と戦闘状態に入れり。帝国陸海軍は、本8日未明、西太平洋においてアメリカ、イギリス軍と戦闘状態に入れり。


メディアを総動員するオリンピックは、熱狂、一種の興奮状態を生み出します。パソナの竹中平蔵さんは、社会には非日常の「祭り」が必要なんだと、いかにももっともらしい開催肯定論をぶったけど、ちょっと聞き流せない。
巨大資本と政治権力が相乗りしたメガ商業イベントと、村や街の日常を彩ってきた「ハレ」は、まるで別物だといわざるを得ないからです。なにしろ特定受益者が、億単位でバリバリと社会資本を喰らうわけですから。
こんな詐欺師のような人が、「受益者」側にいることは、もう多くの人が気づいているよね。


自民党の河村建夫氏(元官房長官)が、次期衆院選について「五輪で日本選手が頑張っていることは、われわれにとって大きな力になる」との明るい展望を語りました。
身も蓋もない、とはこのことです。コロナ禍に、これだけの社会資本をスポーツイベントに投下することに対する彼らの本音が、これです。オリンピック開催は、もはや特定政党による社会資本の私物化だといわざるをえません。
もうこの国に「常識」などというものは、存在しないのでしょう。
常識とは、個々人が共有している共同体に対する最低限のモラル。日本は、これを喪失した社会であるということ。


明日も猛暑だなぁ。
また啄木の歌が眼にはいる。

「さばかりの事に死ぬるや」
「さばかりの事に生くるや」
止(よ)せ止せ問答

とにかく家を出づれば
日光のあたたさあり
息ふかく吸ふ

 

| | コメント (0)

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »