« 幽霊船の出港 | トップページ | 東京一極へ »

2021年8月 1日 (日)

このごろのこと


危険な暑さ也。
なんとなく疲れている。なんとなく啄木を読む。いろいろなことがどうでもよくなってきているとき、啄木の歌は、波紋のようにひろがり、瞬く間に消えます。こんなのがありました。

何がなしに
頭のなかに崖ありて
日毎(ひごと)に土のくづるるごとし


オリンピックがはじまるやいなや、テレビ各局、新聞は、いっせいにスポーツ専門報道に転換しました。「アスリート物語」が、紙面にあふれだす。予想したとおりで、ぜんぜん驚きはしません。
「勝った、勝った!」の金メダル速報は、まるであのラジオ放送を髣髴とさせます。

臨時ニュースを申し上げます。臨時ニュースを申し上げます。大本営陸海軍部、12月8日午前6時発表。帝国陸海軍は、本8日未明、西太平洋においてアメリカ、イギリス軍と戦闘状態に入れり。帝国陸海軍は、本8日未明、西太平洋においてアメリカ、イギリス軍と戦闘状態に入れり。


メディアを総動員するオリンピックは、熱狂、一種の興奮状態を生み出します。パソナの竹中平蔵さんは、社会には非日常の「祭り」が必要なんだと、いかにももっともらしい開催肯定論をぶったけど、ちょっと聞き流せない。
巨大資本と政治権力が相乗りしたメガ商業イベントと、村や街の日常を彩ってきた「ハレ」は、まるで別物だといわざるを得ないからです。なにしろ特定受益者が、億単位でバリバリと社会資本を喰らうわけですから。
こんな詐欺師のような人が、「受益者」側にいることは、もう多くの人が気づいているよね。


自民党の河村建夫氏(元官房長官)が、次期衆院選について「五輪で日本選手が頑張っていることは、われわれにとって大きな力になる」との明るい展望を語りました。
身も蓋もない、とはこのことです。コロナ禍に、これだけの社会資本をスポーツイベントに投下することに対する彼らの本音が、これです。オリンピック開催は、もはや特定政党による社会資本の私物化だといわざるをえません。
もうこの国に「常識」などというものは、存在しないのでしょう。
常識とは、個々人が共有している共同体に対する最低限のモラル。日本は、これを喪失した社会であるということ。


明日も猛暑だなぁ。
また啄木の歌が眼にはいる。

「さばかりの事に死ぬるや」
「さばかりの事に生くるや」
止(よ)せ止せ問答

とにかく家を出づれば
日光のあたたさあり
息ふかく吸ふ

 

|

« 幽霊船の出港 | トップページ | 東京一極へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幽霊船の出港 | トップページ | 東京一極へ »