« ちよちよ書籍化 | トップページ | このごろのこと »

2021年9月26日 (日)

ひとハコ図書館

私立図書館から
「ひとハコ図書館」に参加しませんか
というお誘いをいただきました。引っ越して3年、わたしのことを館長さんに紹介してくださったのは、おなじ地域の古参(といってもわたしより10年弱かな)、エッジのきいた版元「共和国」の総統でした。
〈承知いたしました〉
館長さんに、二つ返事を返しました。

「言葉をとどける 〜世界はカラフル〜」
をテーマに開く図書館フェスの間、館内に「ハコ」を置きますので、そこを自分の「小さな図書館」にして最大20冊を並べてください、というのが企画の主旨。まっ、わたしは「館長」なわけです。
ハコを想像するだけでたのしい。
まずはワンテーマで、わたしの図書館名をつくらねばなりません。ちなみに、昨年の共和国の棚は「こんな世のなかはおかしいと一緒に考えるための図書館」でした。

さて、どうしようかぁ。
自室の棚を、ぼんやりと眺めました。
外にあった仕事場をたたんだときと、前回の引っ越しにより、書棚の規模はかなり縮小しました。もうこれ以上増やすまいと思ったものの、本は再びあふれだしていました。
ガラスケースつきの背の低い棚の一部と、背ぃ高の普通の棚の下段を(3つ分)、判型の大きな画集にあてていますが、ここはもう一冊も詰めこむ余地なし……。思想、宗教、近代史関係の棚も、本の頭と上板の隙間を横倒しの本が埋めています。
背表紙を眺めていると、いくつかアイデアが浮かんでは消える。そう、いつも行き詰まったときや新しいことをはじめようと思うと、こうやって棚の背表紙を眺めてきたのでした。
紙の本の存在価値は、まさにそれに尽きるのでしょう。ちいさな「ひとハコ」の無限の可能性もまた、実態として「存在すること」によるのです。

空想のなかにある、その「存在」をとりだそうというときのワクワクした感覚は、装丁のあがりを待つ時間に似ているかもしれません。
とりあえず、日暮れ前に湯屋にでかけます。風呂につかって、愉しい時間を引き伸ばし、さらに増幅してしまう目論みなのです。

 

|

« ちよちよ書籍化 | トップページ | このごろのこと »

考えごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちよちよ書籍化 | トップページ | このごろのこと »