« 「末法」「末世」の方向感覚 | トップページ | 夏はもどらない »

2021年9月13日 (月)

ない

机のうえにあった茶封筒をのぞいたら、1万円しかありません。
おやおや、2万円はどこいった?
ほかの封筒に入れてたかな。山積みの書籍や資料の切り抜き、ごみでしかないチラシなどをひっくり返してさんざんさがしましたが、出てきません。
あっ!
銀行口座に入れようとして、通帳にはさんだままだった気がする。
3銀行の通帳一式をまとめたメッシュポーチを収めている、机わきの一番下の引き出しを開けました。ところが、そいつが見あたらない、のです。通帳一式の紛失はもっと大ごとです。
引き出しに入っていたものを全部かきだしましたが、どこにもありません。もう、平常心でないのが自分でわかる。汗だくになりました。
あっ!
10日ほど前だったか、この引き出しを閉めたとき、ドタっというモノ音があったことを思いだしたのです。ためしに、引きだしごとそっくり引き抜いてみましたら、底に落ちていたではないですか。
しかし、メッシュポーチのなかにお札はありませんでした。すわりこんで、少し考えました。
あっ!
急な葬祭があって、すこしまえに3万円を包んだのです。つまり、あったはずと思い込んだ現金は2万円ではなく、3万円でないといけなかった……
こんなことをしていたら、仕事らしい仕事もしないまま日が暮れますでしょう。たんなる年のせいでないことは、自分が一番よく知っていますとも。

|

« 「末法」「末世」の方向感覚 | トップページ | 夏はもどらない »

茶飯ごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「末法」「末世」の方向感覚 | トップページ | 夏はもどらない »